前へ
次へ

自律神経失調症から引きおる腰痛の恐ろしさ

腰痛の原因ともなる自律神経失調症は、そもそも、この言葉の意味について分からない人も多いのではないでしょうか。分りやすく言えば、神経は興奮する神経と、抑制させる神経に分かれており、この2つのバランスが上手く働くことで、体を健康に維持しているのです。つまり、このバランスが崩れると、健康を害してしまい腰痛の原因にもなります。例えば、興奮する神経が強すぎると、筋肉が疲労しやすくなり、痛みの原因にもなりかねません。逆に、抑制させる神経が強く働きすぎると、筋肉の力が発揮されず、体の重みの負担が一ヶ所に集まりやすくなるでしょう。骨に負担を与え、骨から生じる痛みが現れてしまかもしれません。では、自律神経を整えるには、どうすればよいのでしょうか。そのためには、体を活動させる交感神経と、体を休ませる副交感神経を整える必要性があります。腰痛が引き起こされている場合は、交感神経が強まり過ぎている傾向もあり、体をリラックスさせ、副交感神経の働きを良くする心構えが大切です。腰痛によって、痛みが生じている場合は、先に痛みを取り除くのが先決で、医療機関で治療を行うとよいでしょう。

Page Top