前へ
次へ

病気が原因で腰痛が見られることもあります

慢性的な腰痛で悩んでいる人は、調理や洗い物、洗濯などの中腰の作業が苦痛に感じることが多いです。整形外科を受診して、レントゲンやCTなどの検査を受けたけれど、異常がみつからなかった人も多いです。辛い痛みで悩んでいる人は、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気や、腎臓病などの泌尿器系の疾患の可能性があります。月経やおりものに異常が見られたり、体のむくみや倦怠感などで悩んでいる人は、専門クリニックを受診して検査を受けることも大事です。内科や泌尿器系、婦人科系の病気でも、腰痛が見られることがあるので、長引く時は軽視をしてはいけません。外用薬や内服薬などで、痛みが軽減する場合はしばらくは続けてみると良いでしょう。ぎっくり腰などの場合は、入浴をしないほうが良いケースもあります。慢性的な痛みで悩んでいる場合は、ぬるめのお湯で半身浴をしたり、温湿布などを使用するのも良いでしょう。家事をする時に痛みを感じる場合は、腰用の専用ベルトを装着することで、辛い痛みを軽減できます。

Page Top