前へ
次へ

腰痛で悩んでいる人は冷え対策をしよう

重たいものを持ったわけではないのに、腰痛になることもあります。そんな人の中には、冬場になるとよく腰痛になる人も多いのではないでしょうか。このような人の原因は冷えです。腰が冷えることによって痛みを引き起こしてしまいます。冷えで痛みを発症しているかを判断するのに良い方法が腰を温めることです。お風呂などに入って腰が温まると痛みが楽になるというケースは、冷えによって痛みを引き起こしている可能性が高いです。このような場合であれば日頃から腰を冷やさない対策をすることで症状の軽減ができるようになります。冬場ではできるだけスカートは避けてパンツスタイルにするのが良いでしょう。男性でもできるだけ厚手のものを履くようにします。食事では、体を温める食材の鶏肉やイワシ、エビやカツオ、生姜などを積極的に摂取しましょう。野菜は生野菜だと体を冷やすので温めて食べる方が良いです。デスクワークが多い人は、定期的に体を動かすようにすることで、筋肉の緊張を和らげて血行不良を予防することができます。入浴はシャワーで済ませるのではなく、湯船につかるようにしましょう。これらの点を日頃から気をつけることによって、冷えによる腰の痛みを軽減させることができるようになります。

Page Top