前へ
次へ

関節を冷やさない腰痛予防

寝冷えをすると下痢をしたり腰痛を起こすことがありますが、これは冷えと水と痛みが関連していることを表しています。健康な大人でも冷房に当たりすぎると頭が痛くなったりしますし、雨が降ると神経痛や腰痛が酷くなる人も出てきます。また雨に濡れることで体が冷えて、内臓機能にまで影響を与えてしまうことも多々あるので注意が必要です。このようなことは誰しも経験をしていると思いますが、こうした事実から見えてくるのは、冷えというのは体に少なからず、痛みを発する影響を及ぼしていると考えるのが妥当といえます。雪山で遭難すると、どんなに強い男の人でも寒さのために命を落とすこともあります、寒さというのは人の機能を奪い正常な判断すらできなくさせてしまいます。また一日のうちで体温と気温が最も低くなる午前3時から5時になくなる人が多いといわれているのは、冷える時間帯ともいわれているからです。これは全族発作を持っている人もそうですし、狭心症の発作も起きやすいのが特徴といわれています。こういった全体像を見ていくと人間は冷えに弱いということがわかりますので、常に冷えに対して予防をしていくことが、様々起こりえる症状に対応する方法といえます。冷えをとるにはどうしたらいいのかというと、まずは体を温かくすることが前提となるので、薄着はしないことです。薄着をしないことは基本ですが、その中でもリンパが通っている箇所を温かくしておくことで、ポカポカとしてくるので体の状態を保つことができます。例えば足首や膝、腰、上半身は首や手首などの部位に対して温かくなる対策をすることです。この部位にはリンパ液が通っていることから体を温かくすることができますし、何よりも内臓部位に対する冷えを予防してくれるので、関節の痛みでは膝痛や腰痛を抑えることができます。冷えを感じてしまうと関節の痛みがでやすくなりますので、お腹周りでは腹巻をしておくことも一つの方法ですから、やってみることも一つの方法です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top