前へ
次へ

ストレッチで腰痛を改善させよう

腰痛の原因の一つが筋力不足です。筋力が不足しているために、日常生活の行動ですら腰に負担がかかり、腰痛を引き起こすことになります。日頃から腰の痛みに悩まされている人は、無理のない程度で筋力アップをすることをオススメします。とはいっても、腰が痛い状態で、無理に腰に負担をかければ腰の痛みが悪化するだけです。腰の痛みを悪化させることなく、適度な運動によって筋力アップ、腰の痛みの軽減ができるのがストレッチです。ストレッチなら運動強度も低いので、適度な運動をしながら腰の痛みの軽減と筋力アップが可能となります。トレッチの方法としては、仰向けに寝た状態で、上半身はそのままで、下半身だけを左右交互にひねります。ひねりの運動は腰痛予防、腰の筋力アップには最適です。この運動は立っている状態でもできます。立っている時にする場合は、肩幅程度に足を開いて腰に手を当てます。腰を反らせたら、下半身と頭はそのままの状態で、腰を左右に回します。腰痛予防には、背筋や腹筋を伸ばすストレッチも有効です。筋肉が固まっている状態では、血流も悪化してしまいます。腹筋や背筋の筋肉をゆるめて血流を良くすることで、腰の痛みを軽減させる効果が期待できます。

Page Top